月別アーカイブ: 2015年1月

肉体労働と座り仕事と抜け毛の関係

座り仕事に憧れる人間は多いと思いますが、正直今思うとそっちの方がしんどいわけです。ずっと座りっぱなしでパソコンや書類に目を通し、肩こりやストレスとの戦いを毎日です。肉体労働はつかれることはありますが、あまりストレスを感じることが少ない仕事だったりします。まぁ疲れます。実際のところどっちがいいかというとどっちもどっちで仕事なんてしたくはありませんが私の場合座り仕事のIT系をやっていたころは本当にストレスで抜け毛がヤバイ状態になっていました。今は仕事を変えたためその症状は減っていますし、今の若い子で座り仕事メインってちょっと大丈夫かなぁと心配します。

ストレスと髪の毛

ストレスというのは目にみえないものですが、様々な身体の内部や外部で胃影響出るようで、若いうちはまだしも年を取ると血圧やら抜け毛、不眠、ニキビなどといったところで身体の外部から出てくるようになるようです。私も不眠と血圧に一時期悩まされて常に不安感を抱くようになってしまい、それが髪の毛にも影響が出てしまい、抜け毛の量も増え白髪も急激に増えてしまし色々とボロボロでした。今ではストレスのあまり感じないどちらかといえば肉体的な疲労の方が強くストレス以前んの問題のため不安より寝たい。一日がマジで短いって思うようになっております。しかし今の生活の方がマシでそれは髪の毛にもすぐ顕著に影響で出てきました。特に頭皮改善用シャンプーを使用していないのに髪のコシが普通に強くなったことです。前は細くげっそりした髪質だったのですがいまではゴワゴワのしっかりとした髪質になっています。ストレスといのは様々なことで悪影響がでるようです。酒さえひかれば長生きできそうな感じはします。

保育士の隠れた悩み

知り合いに保育士の子がいます。昔からのあこがれで採用されたときは本当に喜んでいました。今でもせっせと頑張っていますが、理想と現実のギャップがあってちょっとカルチャーショックのようです。

特に子供はいいけど親の方が面倒とのことで、人様に子供を任せて親はその間居ないわけで、その間子供が何をしているのかと思うと心配で過剰になってしまうのはわからんでもないですが、それを保育士に全てを押し付けるのもまぁどうかなぁと。
子より親の方が扱いが大変とのことです。

子供は本当に好きなようで、子供といるときは本当に楽しくて時間も忘れるほどと母性本能の塊な方です。そんな知り合い、ちょっと悩みがあってオシャレも好きな子なのですが、保育士的な職業病があるようです。

それが黒ずみです。特に子供目線となるとどうしても膝をつけて歩くことが多くなり、摩擦が増えてしまい膝ざ黒ずんでしまうようです。確かに私に比べて膝は黒くなっており、大変そうだと思いました。

私も地味に違う部分でデリケートゾーンが黒ずんでおりますが…私は石鹸のいいやつで対策しています。これって膝でも使えるのかなぁちょっと紹介はしてみようと思います。